スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • | - |
    • |
    • - |
    • - |
    • - |
    • - |

    採用確定しました

    0
       
      こんにちは今日も暑いですね。そんな時期に食べる貴方のアイス事、紫芋です…え?溶けてる?
      仕様が無いので諦めてください。

      昨日は新しい仕事の面接に行ってきましたが受かりました!
      事務面接はクリアです。16日からは研修で遠方に出かけてきます。
      改めいろんな人が動いてくれたからなので本当に感謝は尽きないのです。
      とても幸せだし頑張るぞ!心機一転!て気持ちには変わりないのですけれど

      同時に何と言いますか、ちょみっと考える事があるのですよね。
       
      とても嬉しいはずなのに
      何故かこう心から踊る瞬間が無い。
      それは
      とても悲しい時にも同じで
      何故か心から咽び泣くという瞬間が無い。

      涙を零すときはあるけれど
      頬伝うぐらいで冷めた見方をすれば感情のパフォーマンスにしかならないというかなぁ。
      嗚呼最近は特に嬉しくても悲しくても全く泣いていない気がする。
      泣いてないというか我慢するというかそんな域じゃなくって
      涙が出てこないんですよねー。

      何だろう?

      泣けないというかなんと言うか。
      感情のリミッターが外れないんだ!って感じかしら一言で要約すれば。
      喜怒哀楽に関してもそうかしら。
      否あらわすお

      別段上がり下がりが激しいわけじゃないし、

      上がり下がりってのはきちんと理由があるからこそ上がり下がりはするわけで
      理由もなく怒る事は決して無い。
      というか怒るのって疲れるし面倒。
      感情自体の全てが面倒、ちょっとそれは放り出したいです。

      私はニュートラルで居たいしそれが一番合っている。
      だから私自身の心の平安や平穏を乱すものは排除する=アウトオブ眼中!
      愛の反対はね無関心なのですよー。
      愛が無ければ関心も生まれない。それは誰に対しても同じだし自分自身に対しても同じ。

      ミーマさんからね
      よく覇気が無いと言われるのですが覇気が無いというよりは何かもうとある地点から精神的に停滞している気がします。
      それが最近特にひどい。

      今一ヶ月ぐらい
      仕事も何もせずにぽーっとしてるのでそう思うのやもしれませんが。
      思えば産後直ぐに働いたからこそ産後一ヶ月休暇として見るととても落ち着くのですけれども…
      とても冷めていってる私が居ます、色んな物事に対して。

      所詮たかがだか20代前半だから年上の皆さんから見ればきっと青二才にも満たないヒヨコ以下なのだけど…
      何かもう人生で経験できることは経験し終えた感じが最近益々強くなったって言うかなぁ。
      あの過去の躍動や情熱は何処に行ったんだろう?って 過去を思い出すときが偶に在る。
      それに関してどうにかしないと!という危機感も無いし絶望感ですら沸いてこない。

      決して流されるばかりをヨシとはしなし
      抗うからこそ再就職に踏み切っていろんな人のおかげさまで今があるわけですけれども
      その抗い方に全力を感じられないというか何と言うか
      そうだ、自分を遠くから眺めてるような感覚がより更に強くなったって感じ。
      それは理解してほしいものでも無いし理解を求められる筈も無いけれど―――

      満たされないんですよね。
      良くも悪くも。
      投げ出し始めてるのか?若しかしたら今が一番人生での岐路だからこそ本能がそうさせているのならばヤバイヤバイですよね!気をつけよう。
      またもとの道に戻っちゃう。

      でも
      過去を捨てると言う事と忘却は決して同義にはならないとも思う。
      特別養子縁組は子供を親御さんに預けることなのですけど
      そうしかしようがない事実が合ったとしても―――
      私は私を結論今も許す事は出来てないんだろうな、上手くごまかしは出来ても。

      果たして色んなものを捨てることでしか生きて来れなかった私に
      何かこの先に意味なんてあるんだろうか。
      無いよねって感じ。報いは何れかえる。
      だからそんなに長生きしなくたって良いし、いっそさっさと終わってしまえば良いこんな人生。
      30まで生きないんじゃね?とは良く言うのですけれど
      最近は来年の誕生日迎えないんじゃね?と変った。
      いっそ本当に生きたい人に寿命を与えられれば良いんです、こんな虚無ばかりで生きている人よりもそれが一番良いこと!勿体無いよね惰性の人生は!「

      後ろ向きと言うわけでは無く何かもう本能に近いレベル?
      理解なんて自分でもしたくないし誰からもされたくない。
      これについて「きっと〜だからね」などと諭されたくもないし、それを求めてるわけじゃない。
      精神的に落ちても無いんですが疲れても無いんですが
      ゆとりならば掃いて棄てるほどあるのですが、
      そう思うだけですたまに。

      前に進まないわけでも無いし、新しく仕事が決まったからこそそちらに向かう心算だけど
      所詮 平穏と安定も何も手に入らないのならば意味が無いととてもとても強く感じる。
      何をもって幸せとするかは人次第なのでしょうけれど

      私は
      決して何にも縛られずに
      そんなにお金持ちじゃなくても良いから
      生活が出来てご飯が美味しく食べれて寝れて仕事にも行けてたまにネットが出来ればそれで充分なのですよね。
      それぐらいの幸せです、贅沢なんてしない。ちっぽけすぎるでしょう?夢としては。
      なのに人並みの其れが叶わないならばもう良いんじゃないんですか?頑張らなくたってという事です。抗って抗って全力を尽くしても回帰するだけなのならば生きることに何の意味がある?

      私は生きててとっても恵まれていますとも。
      でもそういうのって誰かと比較対象にして納得させることでもないと思うんだよな。
      無い物ねだりか?と言われれば其処までだし、嫉妬か?と言われれば其処までだけど。

      だから
      「もう充分人生生きました、経験しつくしました。」
      と望むのに激励されらなければならないのが強く理不尽。
      青二才は青二才なりに青くなったんです。青すぎて固くなってるのかもしれないですが。
      ならば此処から先何を望めば良いんだろう?

      経験しつくして
      いや本当にいっぱい経験しすぎて
      これ以上悲しいも嬉しいも経験することは無いと思うけど、否したくないの裏返しかもしれないけれど

      人は永続に生きれるからこそが全てじゃない。
      たった数年だけど刹那だけど最大限精一杯生き通したのならば其れだけでもう充分だって
      何で誰も認めてくれないんだろうって事だ。
      頑張ったねといわれたいわけじゃないけれど
      「ああそう。ならば後はボチボチで良いよ」
      ってどうして言われないのかしらという。

      ――――もう良いのですよ、良いんです。
      終わりに向かってるのは確実なんですから、悲観的な意味合いではなく、事実なんですから。
      とか何とか動画検索してたら
      神風特攻隊の映像を凝視したという。

      人生に長いか短いかなんて関係ない
      「本人が経験しつくした」というのならばそれは何も言えたり言われる価値も無い。
      人生は人が定めるものじゃない。
      感想を述べるものじゃない。

      互いにあるがままに認め合ってこそ尊重ができる。
      人の言い分に口を出すのはただの傲慢だ。

      スポンサーサイト

      0
        • | - |
        • 13:11 |
        • - |
        • - |
        • - |
        • - |
        << hi | TOP |
        SunMonTueWedThuFriSat
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>
        PR
        Recent Entries
        Categories
        Archives
        Profile
        バナー
        にほんブログ村 家族ブログへ
        にほんブログ村
        バナー
        にほんブログ村 家族ブログ 養子縁組へ
        にほんブログ村
        バナナー
        にほんブログ村 小説ブログ ノンフィクションへ
        にほんブログ村
        カウンターさん
        呟き
        Links
        Other